July 20, 2018 / 8:20 AM / 3 months ago

米国の輸入車関税、独GDPを60億ユーロ押し下げ=商工会議所

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツ商工会議所(DIHK)のシュバイツァー会長は、米国が輸入車に関税をかけた場合、ドイツの国内総生産(GDP)を60億ユーロ押し下げるとの見方を示した。

 7月20日、ドイツ商工会議所(DIHK)のシュバイツァー会長は、米国が輸入車に関税をかけた場合、ドイツの国内総生産(GDP)を60億ユーロ押し下げるとの見方を示した。写真はエムデン港で3月撮影(2018年 ロイター/Fabian Bimmer)

同会長は国内テレビで、トランプ米大統領の脅しを「非常に深刻に受け止めている」とし、このような関税は「国際法違反」と指摘。ドイツや欧州での雇用喪失だけでなく、米国の雇用や投資にも影響すると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below