for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LA自動車ショー、大型や新機能の電動SUVでテスラ追い掛け

 11月19日に開幕するロサンゼルス自動車ショーは、電気自動車(EV)分野で先頭を走るテスラを追い掛ける各メーカーが、安い価格で大型の電動スポーツタイプ多目的車(SUV)で勝負しようと、相次いでこれらの新型車を展示する見通しだ。写真は現代自動車のコンセプトカー「セブン」、17日撮影(2021年 ロイター/Ringo Chiu)

[ロサンゼルス 18日 ロイター] - 19日に開幕するロサンゼルス自動車ショーは、電気自動車(EV)分野で先頭を走るテスラを追い掛ける各メーカーが、安い価格で大型の電動スポーツタイプ多目的車(SUV)で勝負しようと、相次いでこれらの新型車を展示する見通しだ。

背景には米国の消費者の根強いSUV志向が存在する。しかもSUVは、同じサイズのセダンに比べて販売価格が高く、メーカーの収益が大きくなる。業界幹部やアナリストの話では、大型SUVは米国市場の売れ筋車のトップに名を連ねている。

センター・フォー・オートモーティブ・リサーチのテクノロジー・ディレクター、ブレット・スミス氏は「今やEVは小型低燃費車からあこがれの高級自動車まで、市場の中心になりつつある」と指摘した。

こうした中で韓国の起亜自動車は新型電動クロスオーバー車「EV6」を引っ提げ、テスラを名指しして「挑戦状」を突き付けている。起亜によると、EV6はテスラ車が以前に達成した充電時間の最短記録を塗り替えた。

起亜と親会社の現代自動車は、大型電動SUVのコンセプト車「EV9」「セブン」もお披露目。事情に詳しい2人の関係者は、これらのモデルは2024年ごろ本格生産されるとの見通しを示した。

フィスカーの「オーシャン」など、差別化を図るための新機能を投入したEVもある。ヘンリク・フィスカー最高経営責任者(CEO)は、オーシャンは垂直方向と水平方向に切り替えられるタッチスクリーンを装備した初めての量産車になるだろうと強調した。

同氏はロイターに「われわれは特許を申請した」と説明し、台湾の鴻海精密工業(フォックスコン)がこのスクリーンを供給すると付け加えた。鴻海精密工業は米国でフィスカーのEV生産も行う。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up