April 24, 2018 / 1:39 AM / 5 months ago

「アバター」のキャメロン監督、続編はシリーズ4作を計画

[マンハッタンビーチ(米カリフォルニア州) 21日 ロイター] - 2009年に公開され世界興行収入歴代トップの28億ドルを稼ぎ出した映画「アバター」のジェームズ・キャメロン監督は、続編について、引き続き4本の製作を目指していると明らかにした。

 4月21日、2009年に公開され世界興行収入歴代トップの28億ドルを稼ぎ出した映画「アバター」のジェームズ・キャメロン監督は、続編について、引き続き4本の製作を目指していると明らかにした。写真は2010年5月撮影(2018年 ロイター/Jo Yong-Hak)

キャメロン監督は21日、フォックスとの契約に基づいて「アバター」の第2作と第3作の製作を開始しており、すでに約100日が過ぎたと述べた。続編を撮影中のカリフォルニアのマンハッタンビーチにあるスタジオで語った。

これらの作品が成功すれば、第4作、第5作も計画しており、すでに脚本は出来ているという。「私個人としてはこれら全てを製作するつもりだ」と語った。

フォックスは続編をシリーズで製作すると表明していたが、21世紀フォックス(FOXA.O)の映画事業については、米娯楽大手ウォルト・ディズニー(DIS.N)が昨年末に買収を提案、規制当局が審査を進めている。

ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は、審査中で制限があるため続編シリーズの計画をまだ見ていないという。

「アバター」の第2作は2020年12月に公開される予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below