for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リナ・サワヤマ、英音楽賞にノミネート 国籍条件撤廃の訴え受け

英国最大の音楽賞「ブリット・アワーズ」のノミネートが11日発表され、日本出身のリナ・サワヤマが「ライジング・スター賞」の候補に選ばれた。写真は昨年2月の授賞式の様子(2021年 ロイター/HANNAH MCKAY)

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国最大の音楽賞「ブリット・アワーズ」のノミネートが11日発表され、日本出身のリナ・サワヤマが「ライジング・スター賞」の候補に選ばれた。受賞資格の変更を求めたサワヤマの訴えが認められ、ノミネート入りが実現した。

日本生まれで英国に26年間在住するサワヤマは、2020年に発表したデビューアルバム「SAWAYAMA」が音楽誌NMEのベストアルバムの一枚にも選ばれている。ただ、ブリット・アワーズやマーキュリー・プライズの英音楽賞には、これまで英国籍保有者に限定する受賞資格があった。

サワヤマは先月、英国レコード産業協会(BPI)と協議した結果、受賞資格の要件が「英国で5年以上居住していること」に変更されたと明らかにした。

サワヤマは「ライジング・スター賞の候補になったと知り、床に倒れ込んでしまった」と喜びを表現した。

同賞候補にはこのほか、グリフとパ・サリューが入った。受賞者は今月19日に発表される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up