February 4, 2019 / 12:25 AM / 20 days ago

アカデミー賞占う全米監督協会賞、「ローマ」のキュアロン監督に

 米アカデミー賞の行方を占う第71回全米監督協会(DGA)賞の授賞式が2日開催され、メキシコ映画「ROMA/ローマ」のアルフォンソ・キュアロン監督が長編映画監督賞に輝いた。ロサンゼルスで撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 2日 ロイター] - 米アカデミー賞の行方を占う第71回全米監督協会(DGA)賞の授賞式が2日開催され、メキシコ映画「ROMA/ローマ」のアルフォンソ・キュアロン監督が長編映画監督賞に輝いた。

DGA賞はアカデミー賞に直結することが多く、1948年以降、DGA賞を受賞してアカデミー賞に選ばれなかった監督は7人しかいない。

今年のアカデミー賞は24日に発表される予定で、「ローマ」は作品賞、監督賞、脚本賞、外国語映画賞など10部門で候補に選ばれている。

一方、「アリー/スター誕生」でメガホンを取り、出演もしたブラッドリー・クーパーは長編映画監督賞、新人監督賞の選に漏れた。同作に主演したレディー・ガガも受賞はならなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below