for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米エミー賞授賞式、リモート開催へ 候補者の在宅衣装が裏テーマ

 米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞の授賞式が、今年はリモートで開催されることとなった。米エンターテイメント業界紙「バラエティ」が29日、報じた。 写真は2019年の授賞式。ロサンゼルスで撮影。(2020年 ロイター/Mike Blake)

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞の授賞式が、今年はリモートで開催されることとなった。米エンターテイメント業界紙「バラエティ」が29日、報じた。

当日の司会を務めるABCトーク番組の司会者ジミー・キンメルとプロデューサーらが連名で、受賞候補者らに書簡を送り、従来のように授賞式会場に集合する形式ではなくなったと伝えたという。

バラエティ紙が入手した書簡には「予想はしていらっしゃったと思いますが、授賞式当日の9月20日、ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターにお越しいただく必要はございません。例年どおり授賞式は開催しますが、今年は、こちらからあなたの元へ伺います!」と記載されている。

製作側は、自宅など候補者が指定する場所からの中継を考えているもようで、在宅の場合にはその衣装にも要注目という。書簡では「裏テーマは『あなたらしく、でもそれなりの装いを』です。フォーマルスタイルもよし、もし深夜3時のイギリスにいらっしゃるなら、ご自宅の寝室からパジャマでのご出演もありだと考えます」としている。

28日に発表されたエミー賞の候補作品には米有料テレビ局HBOのヒーロードラマ「ウォッチメン」などが並び、イギリス人の俳優や監督らも数多く候補に上っている。

書簡は授賞式の形態の詳細には触れていない。中継を行うABCテレビによると、また企画段階だという。通常であればエミー賞授賞式は多くのトップスターが列席し、テレビで生中継される一大イベントとなる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up