for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ドライブ・マイ・カー」にゴールデン・グローブ賞

 1月9日、第79回ゴールデン・グローブ賞が発表され、村上春樹さんの短編小説が原作の「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)が非英語映画賞を受賞した。写真(右)は、コメディ・ミュージカル部門作品賞のリメイク版「ウエスト・サイド・ストーリー」のスティーブン・スピルバーグ監督。昨年12月撮影(2022年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 9日 ロイター] - 第79回ゴールデン・グローブ賞が9日発表され、村上春樹さんの短編小説が原作の「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)が非英語映画賞を受賞した。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」がドラマ部門作品賞を受賞。スティーブン・スピルバーグ監督のリメイク版「ウエスト・サイド・ストーリー」がコメディ・ミュージカル部門の作品賞に輝いた。

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のジェーン・カンピオン監督は監督賞も手にした。

ドラマ部門の主演男優賞は「ドリームプラン」のウィル・スミス、主演女優賞は「愛すべき夫妻の秘密」のニコール・キッドマンが受賞した。

今年の授賞式では、例年のような華やかな式典は行われず、受賞はソーシャルメディアや公式ウェブサイトで発表された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up