for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米グラミー賞、ジョン・バティステが最多11部門で候補に

 米音楽界で最も栄誉あるグラミー賞の候補が23日発表された。第64回目となる今回は最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞の主要3部門のノミネートが8から10に拡大された。写真は最多11部門にノミネートされたジョン・バティステ。ニューヨークで9月撮影(2021年 ロイター/CAITLIN OCHS)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米音楽界で最も栄誉あるグラミー賞の候補が23日発表された。第64回目となる今回は最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞の主要3部門のノミネートが8から10に拡大された。

最優秀アルバム賞など最多11部門にノミネートされたのはジョン・バティステ。アルバム賞にはこのほか、ポップ歌手のジャスティン・ビーバーやオリヴィア・ロドリゴ、ビリー・アイリッシュ、テイラー・スウィフト、R&B歌手のドジャ・キャット、ラップ歌手のリル・ナズ・Xやカニエ・ウェストなどのほか、ジャズ歌手のトニー・ベネットがレディー・ガガとのコラボで候補に入った。

また、韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)は、ヒット曲「Butter」で最優秀ポップデュオ賞にノミネートされた。

授賞式は来年1月31日にロサンゼルスで行われる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up