March 17, 2020 / 6:02 AM / 18 days ago

最低映画選ぶラジー賞、キャッツが最多6部門で受賞

 2019年の最低映画を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)が16日発表され、ミュージカル映画「キャッツ」が最多6部門で受賞した。写真は昨年12月にニューヨークで行われたプレミアでのレベル・ウィルソン(2020年 ロイター/Andrew Kelly)

[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 2019年の最低映画を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)が16日発表され、ミュージカル映画「キャッツ」が最多6部門で受賞した。

キャッツは、最低映画賞をはじめ、最低脚本賞や最低監督賞を受賞。また、ジェームズ・コーデンが最低助演男優賞、レベル・ウィルソンが最低助演女優賞にそれぞれ輝いた。

ラジー賞は、米国内外の約1100人のゴールデンラズベリー財団メンバーが、オンラインで投票して決定する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below