Reuters logo
テニス=元世界1位アザレンカ、親権争いで全米OP欠場へ
2017年8月22日 / 02:22 / 1ヶ月前

テニス=元世界1位アザレンカ、親権争いで全米OP欠場へ

 8月21日、女子テニスの元世界ランク1位、ビクトリア・アザレンカ(写真)は、子どもをめぐる元パートナーとの親権争いの影響で、全米オープン(ニューヨークで28日開幕)を欠場すると明かした。ロンドンで7月撮影(2017年 ロイター/Andrew Couldridge)

[21日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位、ビクトリア・アザレンカ(28、ベラルーシ)は、子どもをめぐる元パートナーとの親権争いの影響で、全米オープン(ニューヨークで28日開幕)を欠場すると明かした。

アザレンカは声明で「家庭内の状況により、残念ながら今年の全米オープンには出場できない」とコメントした。2012年、2013年の同大会では準優勝を果たした。

アザレンカは昨年12月に息子のレオちゃんを出産し、6月にツアー復帰を果たした。しかし現在、自宅のある米カリフォルニア州からレオちゃんを連れ出すことが認められていない。

子どもをカリフォルニアに残しておけば全米オープンに出場できるが、アザレンカはレオちゃんから離れたくないとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below