November 5, 2019 / 12:48 AM / 10 days ago

英BA持株会社IAG、スペインのエア・ヨーロッパ買収

 11月4日、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空の持株会社、インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は、スペインの航空会社エア・ヨーロッパを10億ユーロ(11億2000万ドル)で買収すると発表した。写真はエア・ヨーロッパのボーイング737MAX。7月1日、ワシントン州で撮影(2019年 ロイター/Lindsey Wasson)

[4日 ロイター] - 英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空の持株会社、インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)(ICAG.L)4日、スペインの航空会社エア・ヨーロッパを10億ユーロ(11億2000万ドル)で買収すると発表した。中南米とカリブ海諸国路線の強化を狙う。

IAGはエア・ヨーロッパを親会社であるスペインの旅行会社グローバリアから取得する。買収資金は借り入れで賄い、手続きは当局の承認を得た上で2020年下期に完了すると見込んでいる。

規制当局の承認獲得には、IAGが一部の路線を手放す必要があると指摘するアナリストもいる。欧州格安航空会社(LCC)ライアンエアのマイケル・オレアリー最高経営責任者(CEO)は規制当局に対し、IAGのエア・ヨーロッパ買収は競争を阻害するとして、資産売却を要請する意向を示した。

エア・ヨーロッパは現在、米大陸とカリブ海諸国を含む69路線を運航している。18年末現在で航空機66機を保有。IAGによると、エア・ヨーロッパは当面、ブランド名を維持した後、イベリア航空と統合を進めて同航空のルイス・ガジェコCEOが率いることになる。

IAGはチリのLATAM航空(LTM.SN)と合弁会社を設立する計画だったが、チリ最高裁は5月、市場の独占につながるとしてこれを禁止した経緯がある

その後米デルタ航空(DAL.N)が9月、LATAM航空への出資を決め、同社は航空連合「ワンワールド」を離脱してデルタが属する「スカイチーム」に加盟する計画を発表した。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below