August 5, 2018 / 12:13 AM / 4 months ago

バドミントン=桃田が日本男子初の決勝進出、世界選手権

[4日 ロイター] - バドミントンの世界選手権は4日、中国の南京で各種目の準決勝を行い、男子シングルスでは、桃田賢斗がダレン・リュー(マレーシア)に2─0で勝利した。五輪、世界選手権を通じて、日本男子初の決勝進出を果たした。

5日の決勝では、石宇奇(中国)と対戦する。男子ダブルスでは、園田啓悟、嘉村健士組が決勝に進んだ。

女子ダブルスでは、福島由紀、広田彩花組と永原和可那、松本麻佑組が決勝に進出。米元小春、田中志穂組は銅メダルを獲得した。

女子シングルスの山口茜はシンドゥ・プサルラ(インド)に敗れ、銅メダルとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below