August 25, 2019 / 12:01 AM / a month ago

バドミントン=桃田と奥原が決勝進出、世界選手権

 バドミントンの世界選手権、男子シングルス準決勝では2連覇を目指す第1シードの桃田賢斗(写真)が第16シードのB・サイプラニースを2─0で下した(2019年 ロイター/Vincent Kessler)

[24日 ロイター] - バドミントンの世界選手権は24日、スイスのバーゼルで各種目の準決勝を行い、男子シングルスでは2連覇を目指す第1シードの桃田賢斗が第16シードのB・サイプラニース(インド)を2─0で下した。

女子シングルスでは第3シードの奥原希望が第7シードのラチャノック・インタノン(タイ)に2─1の逆転勝ちを収めた。

女子ダブルスでは第1シードの永原和可那、松本麻佑組と第2シードの福島由紀、広田彩花組がともに勝利し、決勝に進んだ。

男子ダブルスでは保木卓朗、小林優吾組が決勝に進出した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below