February 19, 2018 / 3:43 AM / 10 months ago

英アカデミー賞、「スリー・ビルボード」が最多5部門で受賞

2月18日、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式がロンドンで行われ、「スリー・ビルボード」が作品賞、主演女優賞を含む最多5部門で受賞した。写真左がマーティン・マクドナー監督、中央がサム・ロックウェル、右隣がフランシス・マクドーマンド(2018年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式が18日、ロンドンで行われ、「スリー・ビルボード」が作品賞、主演女優賞を含む最多5部門で受賞した。

同作品は、ミズーリ州の田舎町を舞台に、娘を殺害された母親が

進展しない警察の捜査に腹を立て行動を起こすことから始まるクライムドラマ。母親を演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を、警官役を演じたサム・ロックウェルが助演男優賞を獲得した。

また、マーティン・マクドナー監督がオリジナル脚本賞を受賞した。

監督賞には、「シェイプ・オブ・ウオーター」(日本公開3月1日)のギレルモ・デル・トロ監督が選ばれた。

主演男優賞は、第二次世界大戦中の激動の時代を描いた「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(同3月30日)で英国首相チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが受賞した。

助演女優賞は、元フィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングの波瀾万丈の半生を描く伝記映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」(同5月4日)で母親役を演じたアリソン・ジャニーに贈られた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below