Reuters logo
英アカデミー賞、「ラ・ラ・ランド」が作品賞など5部門獲得
2017年2月13日 / 03:03 / 9ヶ月後

英アカデミー賞、「ラ・ラ・ランド」が作品賞など5部門獲得

[ロンドン 12日 ロイター] - 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式が12日、ロンドンで行われ、ロサンゼルスを舞台としたデイミアン・チャゼル監督のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(日本公開2月24日)が作品賞、監督賞、主演女優賞を含む5部門で受賞した。

 2月12日、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式がロンドンで行われ、ロサンゼルスを舞台としたデイミアン・チャゼル監督(写真右)のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(日本公開2月24日)が作品賞、監督賞、主演女優賞を含む5部門で受賞した。写真左は女優賞のエマ・ストーン(2017年 ロイター/Toby Melville)

すでに主要な映画賞を受賞している同作は、今月26日に授賞式が行われる米アカデミー賞で最多14のノミネートを獲得している。

授賞式では、メキシコ国境に壁を建設する計画や移民の入国制限などトランプ米大統領の政策に対する婉曲的な言及があった。

主演女優賞を獲得した米女優エマ・ストーンは、「対立が生じている時に、私たちが一堂に会し、受賞を、そして映画が国境を越え、人々の孤独感を和らげる助けになることを祝えるのは本当に素晴らしいと思う」と、授賞式で述べた。

主演男優賞は、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングを抑え、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(日本公開5月)のケイシー・アフレックが獲得した。同作は、獲得脚本賞も受賞した。

「LION/ライオン 25年目のただいま」は、英俳優のデーヴ・パテールが助演男優賞を受賞したほか、最優秀脚色賞も獲得した。

また、ビオラ・デイヴィスが「Fences(原題)」で助演女優賞を受賞した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below