for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=エジプト人選手、74歳で世界最年長のプロ認定

 エジプトのサッカー選手、エゼルディン・バハダー氏(中央)が17日、74歳で世界最年長のプロサッカー選手としてギネス記録に認定された。カイロで17日撮影(2020年 ロイター/Amr Abdallah Dalsh)

[カイロ 18日 ロイター] - エジプトのサッカー選手、エゼルディン・バハダー氏が17日、74歳で世界最年長のプロサッカー選手としてギネス記録に認定された。

バハダー氏は以前、自身の年齢を75歳とメディアに語っていたが、これは数字を切り上げしていたもので、実際は11月3日に75歳になるという。

世界最年長プロとして認定されるには、90分間の試合に2試合出場する必要があった。1回目は3月に出場し、同月に2回目の出場を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により阻まれていた。

試合には6人いる孫の数人が応援に駆けつけ、「がんばれ、おじいちゃん」という声援が飛んでいたという。

それまでギネス記録として登録されていた最年長プロ選手はイスラエル人のイサーク・ハイク氏で、73歳だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up