for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ベーカー・ヒューズ、第3四半期調整後利益が予想上回る

 米石油サービス大手ベーカー・ヒューズが10月19日発表した第3・四半期決算は、特別項目を除く利益が市場予想を上回った。提供写真(2022年 ロイター)

[19日 ロイター] - 米石油サービス大手ベーカー・ヒューズが19日発表した第3・四半期決算は、特別項目を除く利益が市場予想を上回った。ただ、高インフレや金利上昇の環境下で需要が軟化するのに伴い、相場変動がさらに激しくなる可能性について警告した。

調整後利益は2億6400万ドル(1株当たり0.26ドル)で、前年同期の1億4100万ドルから増加。リフィニティブがまとめたアナリストの1株利益予想(約0.24ドル)も上回った。

ロレンゾ・シモネリ最高経営責任者(CEO)は「世界経済は強力なインフレ圧力、金利上昇の環境、各国通貨の大幅変動に直面しているため、マクロ経済の先行き不透明感が増している」と指摘。ただ、来年については「主要な課題の多くが解消されているはず」との前向きな見通しを示した。

売上高の約63%を占める油田設備部門は7%減収、ターボ機械及びプロセスソリューション(TPS)事業は8%減収となった。

リストラや減損処理のコストが2億3000万ドルに上ったことから、純損益は1700万ドル(1株0.02ドル)の赤字となった。前年同期は800万ドル(0.01ドル)の黒字だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up