for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

経常収支、8月は2兆1028億円の黒字 市場予想を小幅に上回る

10月8日、財務省が発表した国際収支状況速報によると、8月の経常収支は2兆1028億円の黒字となった。東京港で2019年5月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 8日 ロイター] - 財務省が8日発表した国際収支状況速報によると、8月の経常収支は2兆1028億円の黒字となった。ロイターが民間調査機関に行った事前調査の予測中央値は1兆9837億円程度の黒字で、黒字幅は予想を小幅に上回った。サービス収支の赤字幅拡大に伴い前年同月との比較では黒字幅が323億円縮小した。

経常収支のうち、貿易・サービス収支は966億円の黒字だった。貿易収支の黒字幅拡大を受けて前年同月から677億円黒字幅を広げた。

貿易収支は4132億円の黒字だった。輸入額の減少が輸出額の減少を上回ったことで前年同月から3828億円黒字幅が拡大した。貿易収支のうち、輸出は前年同月比9425億円減の5兆1247億円、輸入は同1兆3252億円減の4兆7115億円となった。

同省によると輸出は6カ月連続、輸入は16カ月連続の減少だった。

一方、サービス収支は訪日外国人旅行者数の減少が引き続き響き、赤字額が3166億円と、前年同月からの赤字幅を広げた。

第1次所得収支は2兆2487億円の黒字で、前年同月比429億円の黒字幅縮小だった。証券投資収益の黒字幅縮小などが影響した。第2次所得収支は2425億円の赤字だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up