Reuters logo
サッカー=レアルのベイル、ふくらはぎ負傷もCL次戦は出場か
2017年10月5日 / 03:09 / 14日前

サッカー=レアルのベイル、ふくらはぎ負傷もCL次戦は出場か

 10月4日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードは、負傷したガレス・ベイル(右)について、左ふくらはぎの筋肉に損傷はないと発表した。ドルトムントで9月撮影(2017年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[4日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードは4日、負傷したガレス・ベイルについて、左ふくらはぎが腫れているものの、筋肉の損傷はないと発表。欧州チャンピオンズリーグ(CL)でベイルが古巣トットナム(イングランド)との試合に出場できる可能性が高まった。

ベイルは9月26日のCLドルトムント(ドイツ)戦で負傷。クラブは当初、足がつっただけとし、ジネディーヌ・ジダン監督も軽傷と話していたが、同選手は1日の国内リーグを欠場。3日にはワールドカップ欧州予選突破がかかる2試合を前にウェールズ代表からの離脱が発表され、スペイン紙マルカが最大1カ月離脱するのではと報じていた。

しかし、クラブは検査の結果、筋肉の損傷は見当たらなかったと公式サイトで発表。ベイルは14日に予定されているリーグ次節のヘタフェ戦を欠場する見込みだが、17日のホームでのトットナム戦には間に合う可能性が出てきた。

2013年にトットナムからレアルに移籍したベイルは、スペイン挑戦から18回の負傷に見舞われ、66試合を欠場している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below