June 19, 2019 / 3:00 AM / a month ago

サッカー=ベイル代理人、レンタルでのレアル退団を否定

 サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(写真)の代理人が、同選手のレンタル移籍の可能性を否定した。マドリードで4月撮影(2019年 ロイター/Javier Barbancho)

[マドリード 18日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の代理人が18日、同選手のレンタル移籍の可能性を否定した。

ベイルは2013年、トットナム(イングランド)から当時の史上最高額でレアルに加入。4回の欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献するなどしたが、クリスティアノ・ロナルドがユベントス(イタリア)に移籍して以降、その穴を埋められなかったことで大きく批判されていた。

レアルは今季リーグ戦で首位バルセロナと勝ち点19差の3位に終わり、ひとつもトロフィーを獲得できず。今季の最終11試合でベイルが先発したのはわずか5試合だった。

レアルはチェルシー(イングランド)から1億ユーロ(約122億円)でエデン・アザール、サントス(ブラジル)からは4500万ユーロでロドリゴを獲得しており、ベイルはさらに厳しい状況に追い込まれている。

英国メディアによると、ベイルは週給60万ポンド(約8200万円)と高額で、同選手を完全移籍で獲得できるクラブは少ない。そのため、レンタルで移籍する可能性が報じられているが、同選手の代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はスカイスポーツに対し、「彼はレンタルで移籍したいと思っていないと思う。スペインには素敵な生活と家があり、離れるには彼にとって特別な何かが必要であり、レンタルは選択肢にないだろう」と否定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below