Reuters logo
観光客向け違法民泊に最高500万円の罰金、スペインのバレアレス諸島
2017年8月10日 / 05:23 / 4ヶ月前

観光客向け違法民泊に最高500万円の罰金、スペインのバレアレス諸島

[バルセロナ(スペイン) 8日 ロイター] - スペインの一大観光地であるバレアレス諸島で、観光客に許可なく住宅を賃貸した家主に対し、最高4万ユーロ(約516万円)の罰金を科す新規則が8日から導入された。増え続ける観光客に対する住民の不満の声を受けた措置とみられている。

 8月8日、スペインの一大観光地であるバレアレス諸島で、観光客に許可なく住宅を賃貸した家主に対し、最高4万ユーロ(約516万円)の罰金を科す新規則が導入された。増え続ける観光客に対する住民の不満の声を受けた措置とみられている。写真は2014年7月撮影(2017年 ロイター/Enrique Calvo)

スペインでは、ホームシェアリングの増加の悪影響を懸念する声が強まっており、Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊サイトを自治体が取り締まる動きが広がっている。

6月にはバレアレス諸島の観光客数が国内最高水準を記録。こうしたなか、家賃が大幅に上昇し、住民の住宅不足への懸念が浮上している。

同地域の認可なしの住宅賃貸は2012年に禁止されたが、自治体によると、ほとんど順守されていなかった。

新規則では、許可なく観光客に短期間の賃貸を行った者に2万─4万ユーロの罰金が科されるほか、住民が疑わしい賃貸例をウェブサイトから報告できるようになる。また民泊サイトが認可番号なしの賃貸を広告した場合、最大40万ユーロの罰金が科されるという。 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below