Reuters logo
「バレエ界の野獣」ポルーニンの映画、英国で公開
2017年3月9日 / 08:10 / 9ヶ月後

「バレエ界の野獣」ポルーニンの映画、英国で公開

[ロンドン 8日 ロイター] - 史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなるも、わずか2年で退団し世界を驚かせたウクライナのバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」(日本公開7月)が10日、英国で封切られる。

 3月8日、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなるも、わずか2年で退団し世界を驚かせたウクライナのバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリー映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」(日本公開7月)が10日、英国で封切られる。写真は1日撮影(2017年 ロイター/Neil Hall)

スティーブン・カンター監督の同作では、「バレエ界の野獣」がどのようにして同世代の中で最も優れたダンサーになったのかを描く。

「ドキュメンタリーを作ろうと思った。私の最高の踊りを見せ、別の分野に移ろうと思った」と、ポルーニンは語る。

ポルーニンは、ダンサーとともに踊ったり、ダンサーの活動を支援したりする「ポルーニン・プロジェクト」を設立。ダンサーたちに「楽しみを持ったり、創造したり、アーティストとして自分自身を高められる場所」を与えたいのだという。

ロンドンで3月14─18日に行われるポルーニン・プロジェクトの公演に出演するほか、伝説的なロシアのバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの伝記映画「The White Crow(原題)」にも出演する予定。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below