December 4, 2018 / 1:44 AM / 6 days ago

サッカー=レアルのモドリッチ、バロンドール初受賞

 12月3日、サッカー専門誌のフランス・フットボールが選定する2018年の最優秀選手賞「バロンドール」の表彰式がパリで行われ、レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(写真)が初受賞を果たした(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 3日 ロイター] - サッカー専門誌のフランス・フットボールが選定する2018年の最優秀選手賞「バロンドール」の表彰式が3日、パリで行われ、スペイン1部のレアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が初受賞を果たした。

2位はユベントス(イタリア)のFWクリスティアノ・ロナルド。3位はアトレチコ・マドリード(スペイン)のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。

4位は21歳以下の同賞も受賞したパリ・サンジェルマン(フランス)のフランス代表FWキリアン・エムバペ。5位はバルセロナ(スペイン)のFWリオネル・メッシだった。

モドリッチは今年5月、レアルの一員として欧州チャンピオンズリーグ3連覇を達成。ワールドカップ(W杯)ロシア大会では、クロアチア代表の主将としてチームの準優勝に貢献した。

2010年から2015年まで国際サッカー連盟(FIFA)の最優秀選手賞と統合されていたこの賞だが、ロナルドとメッシ以外の選手が受賞したのは2007年のカカ以来。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below