January 22, 2018 / 2:57 AM / a year ago

サッカー=レアルとバルサが大勝

 1月21日、サッカーのスペイン1部は各地で試合を行い、首位バルセロナは敵地でベティスに5─0で大勝を収めた。写真は2得点ずつ決めたリオネル・メッシ(右)とルイス・スアレス(左)(2018年 ロイター/Jon Nazca)

[マドリード 21日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は21日、各地で試合を行い、首位バルセロナは敵地でベティスに5─0で大勝を収めた。

スコアレスで後半を迎えたバルセロナは同14分、イバン・ラキティッチの先制弾で均衡を破ると、その5分後にエースのリオネル・メッシが1点、さらにその5分後にルイス・スアレスが加点し、一気にリードを広げた。後半35分と試合終了間際にもメッシとスアレスがそれぞれ1点を決めた。

4位のレアル・マドリードもホームでデポルティボに7─1で快勝。前半の先制点こそ許したものの、同32分にナチョ、同42分にガレス・ベイルが決めて逆転。後半になると、ベイルのチーム3点目を皮切りにルカ・モドリッチが1点、クリスティアノ・ロナルドが2点、ナチョもこの試合2点目を挙げて大勝した。

そのほか、アラベスはレガネスと2─2のドロー。セルタはレアル・ソシエダを2─1で下した。

この結果、今季欧州五大リーグで唯一無敗を維持しているバルセロナは勝ち点を54に伸ばし、2位アトレチコ・マドリードとの差を11に広げた。レアルは同35で4位を維持した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below