for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

選挙前のバングラデシュ、衣料製造業者は賃上げ要求による混乱警戒

 12月24日、衣料品の生産大国であるバングラデシュでは、縫製工場などで働く人々の賃上げ要求運動が広がっており、一部の工場では散発的な暴力行為も起きている。写真は選挙運動に集まる支援者たち。21日にダッカで撮影(2018年 ロイター/Mohammad Ponir Hossain)

[ダッカ 24日 ロイター] - 衣料品の生産大国であるバングラデシュでは、縫製工場などで働く人々の賃上げ要求運動が広がっており、一部の工場では散発的な暴力行為も起きている。30日に議会選を控え、製造業者はこうした動きが拡大することを警戒している。

工場の従業員はハシナ政権が9月に提示した最低賃金を上回る額を要求している。国内の衣服製造工場の所有者の多くはハシナ首相を支持している。そのため、工場の所有者が現政権に不満を持つ人々の標的になる可能性がある。

前回2014年の選挙時も、数カ月続いた暴力行為により多くの工場の操業が一時停止。海外からの発注が減少したことから売上高に数百万ドル規模の損失が出た。

バングラデシュの衣料業界の年間輸出は約300億ドルで、商品輸出収入の約80%に相当し、中国に次ぐ衣料品の輸出国。

警察は混乱に対応できるよう準備を進めているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up