for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米BofA、第1四半期13%減益 融資好調で予想ほど減少せず

[18日 ロイター] - 米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)が18日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は利益が13%減少した。ただ、好調な融資事業で世界的な取引の低迷の影響が緩和され、予想ほど大きな減益にはならなかった。

コンシューマー・バンキング事業の収入は9%増の88億ドル。一方、投資銀行業務の総手数料は35%減の15億ドル。

第1・四半期の貸し倒れ引当金の戻し入れは3億6200万ドル。

純金利収入(NII)は13%増の116億ドル。

普通株主帰属利益は約13%減の66億ドル(1株当たり0.80ドル)。前年同期は75億6000万ドル(同0.86ドル)。リフィニティブがまとめた1株利益のアナリスト予想平均は0.75ドルだった。

引当金を除いた税引前利益は8%増。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up