for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米バンク・オブ・アメリカ、国内従業員の最低時給を21ドルに引き上げ

10月6日、 米銀行大手バンク・オブ・アメリカは、米国従業員の最低賃金を時給21ドルに引き上げたと発表した。ニューヨークのバンカメ店舗で2019年1月撮影(2021年 ロイター/Carlo Allegri)

[6日 ロイター] - 米銀行大手バンク・オブ・アメリカは6日、米国従業員の最低賃金を時給21ドルに引き上げたと発表した。2025年までに時給を25ドルに引き上げるとの約束履行の一環。

同社は、米国従業員の賃上げ計画は5月に公表。1年余りにわたる新型コロナウイルス禍と政府による補助金支給で、企業が従業員に充分な賃金を支払っているかどうかの議論が盛んとなり、賃上げを確約する企業が相次いでいる。

バンク・オブ・アメリカが計画する時給25ドルは競合他社より高く、過去4年間で15ドルから20ドルに引き上げている。同行は取引業者にも最低賃金の時給を15ドルに設定するよう要請している。

連邦政府が定めている最低賃金は、10年以上前に決められた時給7.25ドル。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up