December 24, 2019 / 5:46 AM / a month ago

利下げで出生率が上昇、英中銀が報告書

英中央銀行の報告によると、英国の政策金利引き下げは出生率の引き上げという景気浮揚以上の効果があるかもしれない。写真は中央銀行、2007年撮影(2019年 ロイター/Alessia Pierdomenico)

[ロンドン 23日 ロイター] - 英国の政策金利引き下げは、景気浮揚以上の効果があるかもしれない。出生率の引き上げだ。イングランド(英中央銀行)が最近の報告書で指摘した。

英中銀の研究員がまとめた報告書によると、世界金融危機を受けた利下げにより、英国で2009年に誕生した乳幼児の数は1万4500人増えた。

中銀の推計によると、政策金利が1%ポイント下がると、変動金利住宅ローンを抱える家計で出生率は5%上昇した。英国全体でも平均2%上昇したという。

英国とは対照的に、同時期の米国の出生率は低下した。これは、固定金利住宅ローンの利用が多かったことや不動産価格が下落したことが関連していると中銀の研究員は考えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below