for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

企業の資金需要、3四半期連続で改善 大企業向けが増加=日銀

 1月21日、日銀が公表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」1月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数がプラス8となり、前回の昨年10月調査から1ポイント改善した。写真は日銀、2015年5月22日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 日銀が21日公表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」(四半期ごと公表)の1月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がプラス8となり、前回の昨年10月調査から1ポイント改善した。

企業向けDIの改善は3四半期連続で、プラス8は2014年1月調査以来、2年ぶりの高い水準となる。

規模別にみると、大企業向けがプラス8と前回のプラス1から改善。2012年4月調査以来の高水準となった。一方、中堅・中小企業向けはほぼ横ばいだった。

資金需要の増加の背景としては、大企業、中堅・中小企業いずれも「売上の増加」や「設備投資の拡大」などが挙げられている。

個人向けの資金需要判断DIはマイナス1となり、前回のゼロから小幅悪化した。住宅ローンがマイナス4となり、前回のマイナス2から悪化する一方、消費者ローンはプラス8で、同プラス5から改善した。

伊藤純夫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up