for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

投資銀のトレーディング収入、来年は縮小へ=バークレイズCEO

[ロンドン 20日 ロイター] - 英銀行大手バークレイズのベンカタクリシュナン最高経営責任者(CEO)は20日、投資銀行は来年、トレーディング収入の落ち込みに見舞われる可能性が高いとの見解を示した。収入の柱としてアドバイザリー手数料の回復に期待を寄せているという。投資家向けのイベントで述べた。

市場取引の急増は、投資銀行が今年、堅調な業績を上げる原動力となった。しかし同CEOは、来年後半にはこの状況が一変する可能性があると指摘。「トレーディング収益はやや縮小する一方、投資銀行業務の収益は拡大するだろう。その差し引きがどうなるかは分からない」と述べた。

その上で、来年第1─第2・四半期は市場の変動が続くと予想。トレーディング収益(季節調整済み)の減少は来年後半に起こる可能性が高いとの見通しを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up