May 30, 2019 / 12:31 PM / 19 days ago

世界の投資銀大手12行、第1四半期の商品関連収入は6%増=調査

[ロンドン 30日 ロイター] - データ分析会社コアリションによると、世界の投資銀行大手12行のコモディティー(商品)関連収入は、第1・四半期に前年同期比6%増加し12億ドルとなった。石油関連が好調となる一方、電力・ガスや金属はさえなかった。

昨年の商品関連収入は36億ドル。2008年当初に記録した159億ドルから4分の1程度に落ち込んだ。

調査対象の投資銀行は、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、バークレイズ、BNPパリバ、シティグループ、クレディ・スイス、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、HSBC、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ソシエテ・ジェネラル、UBS。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below