October 19, 2018 / 4:09 AM / a month ago

仏競売会社、バンクシー作品の競売で何かが起きても「歓迎する」

[パリ 18日 ロイター] - 英国の覆面ストリートアーティスト、バンクシーの作品のオークションを来週開催するフランスの競売会社アールキュリアルは、今月5日に落札直後に額縁に仕込まれたシュレッダーで作品が半分細断されたことに触れ、再び同じような出来事が起きるとは予想していないが、何かが起きても歓迎すると述べた。

アールキュリアルのアルノー・オリブー氏は「それを予想しているということはないが、おそらく期待している。何かが起きれば歓迎する」と話した。

バンクシーは今週、「リハーサルでは常にうまく行っていた」と説明を付けて、作品全体が細断される様子を映した新たなビデオを公表し、細断が半分で止まったのは「誤作動」だったことを示唆した。

オリブー氏は、次のオークションでバンクシーが何か仕掛けるとすれば、シュレッダーではないだろうとし、「バンクシーは同じことは繰り返さない。現にこの額縁には何も隠されていない。何か別の仕掛けになるだろう」と語った。

また、3作品の落札価格は予想できないが、前回の出来事でバンクシー作品への注目が高まっていることが価格に影響しそうだと述べた。

オズの魔法使いのドロシーが警官から職務質問を受けている様子を描いた「Stop and Search」の入札は、3万ユーロ(約380万円)から開始される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below