for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MLB=大谷が10勝目、104年ぶり2桁勝利・2桁本塁打達成

MLBは9日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平選手はアスレチックス戦に「2番・投手」の二刀流で先発出場して10勝目(7敗)を飾り、メジャー104年ぶりとなる2桁勝利、2桁本塁打の偉業を達成した(2022年 ロイター/USA TODAY Sports)

[9日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は9日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平選手はアスレチックス戦に「2番・投手」の二刀流で先発出場して10勝目(7敗)を飾り、メジャー104年ぶりとなる2桁勝利、2桁本塁打の偉業を達成した。

大谷は6回を4安打、3四球、5三振の無失点で勝利投手となり、ベーブ・ルース氏以来の記録を樹立した。

打者としては4点リードの七回に25号ソロを放ち、イチロー氏を抜いて日本人歴代単独2位のメジャー通算118本塁打とした。エンゼルスは5─1で勝利した。

カブスの鈴木誠也外野手はナショナルズ戦に「4番・右翼」で先発し、二回に9号同点本塁打を放った。この日は5打数3安打1打点、2得点。カブスは5─6で競り負けた。

レッドソックスの沢村拓一投手はブレーブス戦の六回途中から4番手で登板し、1回を無安打無失点、2四球、2三振。レッドソックスは7─9で敗れた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up