August 31, 2018 / 1:26 AM / 25 days ago

MLB=大谷同僚のプホルス内野手、膝の手術で今季絶望

[30日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)、大谷翔平投手が所属するエンゼルスのアルバート・プホルス内野手(38)が29日に左膝の手術を受け、今季絶望となった。

 8月30日、米大リーグ(MLB)エンゼルスのアルバート・プホルス内野手が左膝の手術を受け、今季絶望となった。カリフォルニア州アナハイムで8日撮影(2018年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

プホルスは7月に左膝の炎症で故障者リスト(DL)入りし、自身から採取した血小板を使用して組織修復を図る「PRP注射」による治療を受けていた。同23日に復帰してからは継続して出場していたものの、今月は打率1割9分3厘、2本塁打、9打点にとどまっている。

エンゼルスのビリー・エプラーGMは報道陣に対し、「プホルスはずっと違和感を持ちながらプレーしていて、100パーセントの力を出したと言える日が一回でもあったかどうか分からない」と話した。同選手の受けた手術では、一般的に復帰まで1カ月半から2カ月かかるとされており、エプラーGMは来年の春季キャンプまでには回復する見込みとした。

プホルスはことし5月に史上32人目となる3000安打を達成した。2014年からは4年連続で20本塁打以上を記録していたが、今季は計19本塁打。打点はキャリアで最も低かった13年と同じ64だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below