June 11, 2018 / 11:37 PM / 2 months ago

MLB=エンゼルス大谷、右肘手術で2020年まで離脱との報道

[11日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)エンゼルスの大谷翔平選手(23)は、トミー・ジョン手術(肘の靱帯再建手術)を受け、2020年シーズンまで離脱する見通しであると、米スポーツ専門チャンネル「ESPN」が報じた。

 6月11日、MLBエンゼルスの大谷翔平選手は、トミー・ジョン手術(肘の靱帯再建手術)を受け、2020年シーズンまで離脱する見通しであると、米スポーツ専門チャンネル「ESPN」が報じた。アナハイムで6日撮影(2018年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

大谷は8日、右肘の内側側副靱帯の損傷で故障者リスト入り。損傷は3段階のうち中程度の「グレード2」だという。手術が必要かどうか、エンゼルスは結論が出るのを待っている。

ESPNのペドロ・ゴメス記者は11日の放送で「エンゼルスはトミー・ジョン手術が必要ないことを願っているが、私が聞いた限りでは、必要になりそうだ」とコメント。「まだ結論を出していないのは、シーズン中であり、チームはまずまずの成績を残しているからだ。彼はチームのエースだが、現時点で見通しは良くない」と述べた。

二刀流の大谷は今季ピッチャーとしては9試合に先発し、4勝1敗、防御率3.10の成績。バッターとしては34試合に出場し、打率2割8分9厘、ホームラン6本、20打点をマークしている。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below