July 20, 2018 / 4:40 AM / a month ago

MLB=大谷、右ひじの検査で投球練習に許可

[19日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)エンゼルスは19日、右ひじの内側側副靱帯を損傷している大谷翔平投手(24)の検査をロサンゼルスで行い、投球練習に許可が出たことを発表した。

 7月19日、米大リーグ(MLB)エンゼルスは、右ひじの内側側副靱帯を損傷している大谷翔平投手の検査をロサンゼルスで行い、投球練習に許可が出たことを発表した。カリフォルニア州で11日撮影(2018年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

大谷は6月6日以来、大リーグのマウンドでは投げておらず、MRI検査では「グレード2」の損傷が判明していた。その後、自身から採取した血小板を使用して組織修復を図る「PRP注射」や幹細胞注射の治療法に取り組み、打者としては7月上旬に復帰していた。

グレード2の損傷と判明した投手は「トミー・ジョン手術」と呼ばれるひじ靱帯再建手術を受けるケースも珍しくないが、ヤンキースの田中将大投手は手術をせずに復帰を果たした。

大谷は投手としては今季9試合に先発し、4勝1敗、防御率3.10。打者では45試合で打率2割8分3厘、7本塁打、22打点を記録し、ア・リーグ最優秀新人賞候補の本命と見られていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below