for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MLB=オルティス氏、米野球殿堂入り 有資格1年目で

 米国野球殿堂は25日、2022年の殿堂入りメンバーを発表。元レッドソックスの強打者で、「ビッグ・パピ」の愛称で親しまれたデービッド・オルティス氏が選ばれた。米マサチューセッツ州ボストンで2021年9月撮影(2022年 ロイター/USA TODAY Sports)

[25日 ロイター] - 米国野球殿堂は25日、2022年の殿堂入りメンバーを発表し、元レッドソックスの強打者で「ビッグ・パピ」の愛称で親しまれたデービッド・オルティス氏が選ばれた。

有資格1年目のオルティス氏は307票を集め、得票率は77.9%を記録。殿堂入りには得票率75%以上が必要で、今回殿堂入りしたのはオルティス氏ただ1人だった。

有資格10年目でラストチャンスだったメジャー最多762本塁打のバリー・ボンズ氏、通算354勝投手のロジャー・クレメンス氏は、それぞれ66%、65.2%と届かなかった。

オルティス氏は1997年にツインズでメジャーデビュー。レッドソックスでは3回のワールドシリーズ優勝に貢献し、シルバースラッガー賞は7回受賞、オールスターには10回選出された。キャリア通算2408試合で1768打点、メジャー史上17番目となる541本塁打をマークし、2016年に現役を引退した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up