October 15, 2018 / 3:24 AM / a month ago

バスケットボール=バウマン事務総長が心臓発作で死去、享年51

 10月14日、国際バスケットボール連盟(FIBA)は、パトリック・バウマン事務総長が夏季ユース五輪開催中のブエノスアイレスで心臓発作を起こし、急逝したと発表した。享年51。米カリフォルニア州ロサンゼルスで2017年5月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[14日 ロイター] - 国際バスケットボール連盟(FIBA)は14日、パトリック・バウマン事務総長が夏季ユース五輪開催中のブエノスアイレスで心臓発作を起こし、急逝したと発表した。享年51。

FIBAは、「バスケットボール界はリーダー、提唱者、そして、友人(でもあるバウマン事務総長)を失った。パトリックの妻と2人の子どもたちにお悔やみを申し上げる」と述べた。

バウマン事務総長は選手、監督、審判として活動した後、1994年に弁護士としてFIBAに加わった。2002年に同連盟の事務総長に就任し、07年からは国際オリンピック委員会(IOC)でも委員を務めていた。

IOCのトーマス・バッハ会長は、「非常に残念。このようなひどいニュースは信じがたい。彼は熱心に働いてくれて、われわれ全員が、彼がバスケットボールを愛していたことを知っている」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below