for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独バイエル、第3四半期は94億ユーロの損失 農業関連の減損響く

独医薬品・化学大手バイエルは3日発表した第3・四半期決算で94億ユーロの支払利息・税金控除前損失を計上した。ヴッパータールで昨年8月撮影(2020年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[フランクフルト 3日 ロイター] - 独医薬品・化学大手バイエルBAYGn.DEは3日発表した第3・四半期決算で94億ユーロの支払利息・税金控除前損失を計上した。除草剤「ラウンドアップ」を巡る訴訟の和解金増額と農業関連資産の減損が響いた。

バイオ燃料価格が下落し、農家からの需要が減少したことに伴い、農業関連資産の減損92億5000万ユーロを計上。また、ラウンドアップを巡る米訴訟の和解金が約7億5000万ドル増加した。

ニックル最高財務責任者(CFO)は「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響は、当社の作物科学事業にさらなる負担をかけている」と指摘。世界第2位の規模を誇るブラジルの農業市場で、レアル安が悪影響を及ぼしているとした。

第3・四半期は、米動物用医薬品会社エランコ・アニマル・ヘルスELAN.Nへの動物用医薬品事業売却などに伴う利益も計上したものの、減損などをまかなうには至らず、純損失は27億ユーロ。アナリスト予想平均は10億ユーロの黒字だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up