Reuters logo
サッカー=欧州CL8強第1戦、レアルがバイエルンに逆転勝ち
2017年4月13日 / 01:41 / 7ヶ月後

サッカー=欧州CL8強第1戦、レアルがバイエルンに逆転勝ち

[12日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は12日、準々決勝第1戦の3試合を行い、レアル・マドリード(スペイン)は敵地でバイエルン(ドイツ)に2─1と勝利。2得点のクリスティアノ・ロナルドが欧州サッカー連盟(UEFA)主催クラブ大会で史上初となる通算100得点の記録を達成した。

 4月12日、サッカーの欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦、レアル・マドリードは敵地でバイエルンに2─1と勝利。2得点のクリスティアノ・ロナルド(左)がUEFA主催クラブ大会で通算100得点の記録を達成した(2017年 ロイター)

レアルは前半25分にアルトゥーロ・ビダルの先制点を許したが、後半2分にロナルドが同点弾。さらに相手の退場で数的優位に立つと、同32分に再びロナルドのゴールで逆転した。

18日のホームでの第2戦を前に、レアルのジネディーヌ・ジダン監督はフランスのテレビで「もう1点欲しかった」とコメント。「結果には満足だがもっと得点したかった」と、追加点を奪えなかったことを悔やんだ。

一方、バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は「我々はまだ生きている。死んでいない」とコメント。準決勝進出に向けて不利な立場に追い込まれたことを認めつつ、「まだ我々にもチャンスがある」と逆転突破への意気込みを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below