July 29, 2014 / 10:23 AM / 5 years ago

英バークレイズに投資家が集団訴訟、ダークプールめぐる損失で

[ロンドン 29日 ロイター] - 英銀大手バークレイズ(BARC.L)が運営するダークプール(私設取引システム)をめぐる問題で、米国の投資家が28日、同行とその幹部らに対し集団訴訟を起こした。

バークレイズはダークプールの高頻度取引事業者を不当に優遇した疑いで、6月25日にニューヨーク州検察当局に提訴され、株価が急落していた。

バークレイズと同行のジェンキンス最高経営責任者(CEO)らを相手取り訴訟を起こしたのは、ニューヨーク州在住のバーバラ・ストラウゴ氏ら。現職と前職の財務担当取締役や、ダイアモンド元CEOも被告に含まれている。

ストラウゴ氏ら原告は、州検察当局によるバークレイズの提訴後、同社の米国預託株式(ADS)で損失を被ったという。ロンドンに上場しているバークレイズの株価は提訴の翌日に5%超下落。ADSは7.4%安となった。訴状によると、バークレイズは虚偽もしくは誤解を招く恐れのある文書を発表し、ダークプールに対し重大な悪影響をもたらす事実の開示を怠ったとされている。

ダークプールでは市場参加者は匿名での取引が可能で、取引後でないと売買情報の把握ができないため、注文情報が第三者に漏れにくい特徴がある。半面、透明性が十分でないとして監督当局が調査に乗り出していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below