November 15, 2018 / 6:04 AM / a month ago

アジア太平洋地域で「帝国や侵略」存在しない=ペンス米副大統領

[シンガポール 15日 ロイター] - ペンス米副大統領は15日、シンガポールでの東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国首脳との会談冒頭で、インド太平洋地域において「帝国や侵略」は存在しないとの考えを示した。

ペンス氏は、インド太平洋地域で大国と同様に小規模の国も繁栄し、主権を確保し、それぞれの価値に自信を持ち、共に成長することができると強調。中国に言及はしなかったものの「インド太平洋地域で帝国や侵略が存在する余地はないという認識でわれわれは一致している」と述べた。

米国はこのビジョンを推進するため、インフラ部門への民間投資後押しや自由かつ公平で相互的な貿易の促進などを行っていると説明した。

また、「北朝鮮に対する圧力」や「航行や飛行の自由を支持するための取り組み」、デジタル世界における東南アジア諸国の国境、領土、領海の安全保障を確保するための米国の決意を強調した。

ペンス氏は10月初旬に行った講演で、対中強硬姿勢を鮮明にし、トランプ政権を弱体化させるような中国の「悪意のある」動きや南シナ海における無謀な軍事行動を強く批判した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below