for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポリ、約6億ドルの仮想通貨が流出か 「被害者限られる」との見方も

分散型金融(DeFi、ディーファイ)を手掛けるポリ・ネットワークは8月10日、仮想通貨が不正流出したとツイッターで明らかにした。写真はイメージ。2014年10月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京/香港 11日 ロイター] - 分散型金融(DeFi、ディーファイ)を手掛けるポリ・ネットワークは10日、仮想通貨が不正流出したとツイッターで明らかにした。流出額は約6億ドル(約660億円)と報じられており、ポリ・ネットワークの投稿によるとDeFiとして「過去最大」の規模。

同社は不正送金先を特定し、送金先のアドレスから送られてきたトークン(デジタル権利証)をブラックリストに入れるよう呼びかけた。仮想通貨関連メディアのザ・ブロックによると、発表時点でのそれらトークンの価値は6億ドルをやや上回る。

米サイバーセキュリティー会社サイファートレースが10日発表した報告書によると、DeFi分野全体での今年1─7月の損害額は4億7400万ドル。

ポリ・ネットワークはツイッターで法的措置を行う計画を明らかにしたが、この件の詳細に関する問い合わせには現時点で応じていない。

ステーブルコインのテザーの発行会社の幹部もツイッターで、この不正流出に関連して同社が約3300万ドル相当のテザーを凍結したことを明らかにした。

JPYC代表取締役の岡部典孝氏は、ポリ・ネットワークについて、ブロックチェーン間の資金移動が主な業務であるとし、それを仲介するための「ブリッジ」としてポリ側が置いていた資金が盗まれたようだと指摘。「被害額は大きいが、被害者は限られる可能性がある」との見方を示している。

*システムの都合で再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up