October 11, 2018 / 3:00 AM / 2 months ago

アラスカで「一番太ったクマ」大会、優勝は雌のビードノーズ

 10月9日、クマの生息地として知られる米アラスカのカトマイ国立公園・保護区で、カメラが捕らえたクマの姿や職員が投稿した写真などを職員がオンライン投票にかけ、「一番太ったクマ」を競う「ファット・ベア・ウィーク」が催され、2018年は妊娠中の可能性のある雌の「409ビードノーズ」(写真)が選ばれた。提供写真(2018年 ロイター/Courtesy NPS)

[アンカレッジ 9日 ロイター] - クマの生息地として知られる米アラスカのカトマイ国立公園・保護区で、カメラが捕らえたクマの姿や職員が投稿した写真などを職員がオンライン投票にかけ、「一番太ったクマ」を競う「ファット・ベア・ウィーク」が催され、2018年は妊娠中の可能性のある雌の「409ビードノーズ」が選ばれた。

出場したクマは12頭。ビードノーズは、雄の「747」を僅差で破って優勝。747は体は大きいが、ビードノーズのほうが丸々しているとの評価だったという。

10月は動物が冬眠に入る前の月に当たることから、越冬に向けて採餌行動が最も活発になり、カトマイ国立公園のライブカメラに映るクマたちの採餌行動を観察するには絶好の時期となる。

しかし、ソーシャルメディアを担当する公園レンジャーは、「ファット・ベア・ウィーク」は人間にとっては楽しいゲームでも、クマたちにとっては生きるか死ぬかの真剣な仕事だと説明。クマは数カ月で1年分の食事をしなければならず、冬眠中に体重の3分の1を失う可能性もあると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below