Reuters logo
ベルギービール、ユネスコ無形文化遺産に申請
2016年11月28日 / 02:57 / 1年前

ベルギービール、ユネスコ無形文化遺産に申請

[ブリュッセル 25日 ロイター] - ベルギービールの製造・飲用文化は、3つの公用語を持つ国民のアイデンティティー形成につながっているとして、同国のドイツ語圏が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録を申請した。

  11月25日、ベルギービールの製造・飲用文化は、3つの公用語を持つ国民のアイデンティティー形成につながっているとして、同国のドイツ語圏が、ユネスコの無形文化遺産登録を申請した。ブリュッセルの広場グランプラスで撮影(2016年 ロイター/Francois Lenoir)

申請書を作成した業界団体によると、ベルギーには200近くの醸造所があり、約1500種のビールを生産している。

申請書は、ビール製造は景気刺激につながるほか、地方の産物の宣伝・販売、社会的な結びつきの強化をもたらし、ベルギー国民の福祉に貢献していると主張している。

このほか、ユネスコには現在、インドのヨガやチェコ共和国とスロバキアの人形劇など36の登録申請があり、来週アディスアベバで行われる会議で登録の是非が検討される。

無形文化遺産にはこれまでに、スペインのフラメンコや中国の龍船節(ドラゴン・ボート・フェスティバル)、アラビアコーヒー、スロバキアのバグパイプ文化などが登録されている。

無形文化遺産のリストは2008年に作成され、登録の検討には、対象となる伝統文化が世代間で継承され、関わる人々にアイデンティティーの感覚をもたらしていることが必要となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below