April 20, 2018 / 6:10 AM / 5 months ago

他州購入の酒類持ち込み禁止、憲法違反にあたらず=加最高裁が判断

[オタワ 19日 ロイター] - カナダ最高裁は19日、近隣州でより安価にビールを購入する憲法上の権利を主張していたニューブランズウィック州の男性の訴えを却下し、「憲法はカナダ全土における完全な自由取引を規定していない」との判断を示した。

この訴訟では、他州から大量の酒類を持ち込むことを禁止するニューブランズウィック州の規則が、事実上の関税に当たるかどうかが争われた。

訴訟を起こした男性は、2012年にケベック州から居住するニューブランズウィック州にアルコールを持ち込んだところ、警察に240カナダドル(約2万円)の罰金を徴収され、購入した缶や瓶のビール354本と酒類の瓶3本を押収された。

裁判所は、この男性が訴えた憲法の拡大解釈は、ニューブランズウィック州の農産物供給システムや環境規制などに影響し、それらを無効とすることにつながる恐れがあると判断。ニューブランズウィック州の規則は、主要目的が州内の酒類管理であり、他州間の取引を制限することではないとし、憲法違反にあたらないと判断した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below