June 20, 2018 / 4:49 AM / a month ago

ビール好きのサッカーファンが大量消費、モスクワでは品薄のバーも

[モスクワ 19日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)開催中のロシアで、ビール好きのファンたちが店の在庫を飲み尽くしそうな勢いで消費している。

 6月19日、サッカーのワールドカップ(W杯)開催中のロシアで、ビール好きのファンたちが店の在庫を飲み尽くしそうな勢いで消費している。写真は15日撮影(2018年 ロイター/Gleb Garanich)

クレムリンや赤の広場付近のバーやレストランは、応援歌を歌ったり、ビールをがぶ飲みするファンであふれている。

ある店のウェイターは「彼らがビールばかり注文するとは考えていなかった」と話す。店のドラフトビールは18日で売り切れとなり、問屋の在庫も少なくなっているため注文しても納品までいつもより時間がかかるという。

ただ、カールスバーグのロシア部門バルティカは、W杯期間中は供給が滞るリスクが高まっているが、営業に影響は出ていないと指摘。ハイネケンも、これまでのところ販売は順調で、ビール供給に問題は生じていないとしている。

あるバーテンダーは、サッカーファンの客が3日間で800リットルのビールを飲んだため、補充のため19日には1日3回配達を頼んだと述べた。

ロシアに観戦に訪れていたクロアチア人男性は、まだ売り切れに遭遇していないと話す。「ビールはどこにでもある。あるところとないところがあり、ある場所を知っておく必要があるだけだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below