July 26, 2018 / 7:42 AM / 3 months ago

中国の米大使館付近で爆発、内モンゴル出身の容疑者が負傷

[北京 26日 ロイター] - 中国の米国大使館によると、現地時間の26日午後1時頃、大使館の外で爆発が起き、犯人とみられる1人が負傷した。警察は「爆発物」が用いられたとだけしている。

 7月26日、中国の米国大使館付近によると、現地時間午後1時ごろ、大使館の外で爆発が起き、犯人とみられる1人が負傷した。写真は北京の大使館付近で警備にあたる警官(2018年 ロイター/Thomas Peter)

爆発は大使館に隣接する路上で発生した。北京警察によると、容疑者は内モンゴル出身の26歳の男で、手を負傷し病院に搬送された。他に負傷者は出ていないという。

警察は動機は明らかにしていないが、声明で容疑者には精神病歴があり、幻聴などの症状を訴えていたことを明らかにした。

大使館は午後1時45分に業務を再開した。大使館の建物に損害はでていないという。

*内容を追加して再送します。

 7月26日、7月26日、中国の米国大使館付近によると、現地時間午後1時ごろ、大使館の外で爆発が起き、犯人とみられる1人が負傷した。写真は北京の米国大使館前に飛び散ったガラス。(2018年 ロイター/Jason Lee)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below