Reuters logo
陸上=マラソン・ビッグ3がベルリン大会で対決
2017年8月30日 / 02:05 / 25日前

陸上=マラソン・ビッグ3がベルリン大会で対決

 8月29日、男子マラソンのビッグ3、ケネニサ・ベケレ(エチオピア)、エリウド・キプチョゲとウィルソン・キプサング(ともにケニア)が9月24日開催のベルリン・マラソンで初めて直接対決する。写真は昨年のベルリン・マラソンで優勝した時のケネニサ・ベケレ(2017年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[29日 ロイター] - 男子マラソンのビッグ3、ケネニサ・ベケレ(エチオピア)、エリウド・キプチョゲとウィルソン・キプサング(ともにケニア)が9月24日開催のベルリン・マラソンで初めて直接対決する。

陸上5000メートルと1万メートルの世界記録保持者で、史上最速ランナーのひとりと目されるベケレは、これまでに五輪で3つの金メダルを獲得。世界選手権で5度、世界クロスカントリー選手権では11度の優勝を飾っている。同選手は昨年のベルリン大会にも出場し、世界記録に6秒及ばなかったものの歴代2位を記録をマークした。

2時間3分5秒という歴代3位の記録を持つキプチョゲは、5月にスポーツ用品大手ナイキが企画した2時間突破に挑戦するプロジェクトに参加。ペースメーカーのシステムが異なるために非公認扱いとなったものの、2時間0分25秒で世界最速を記録した。

キプサングは、現在は更新されたものの2013年に2時間3分23で世界新記録をマークした実力がある。

大会のレースディレクターは「夢の対決だ。世界トップ3のマラソン選手が同じレースで戦うことはそうあることではない」とコメントした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below