for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクロン仏大統領、プーチン氏にベラルーシ野党指導者との対話促す

[パリ 1日 ロイター] - フランス大統領府は1日、マクロン大統領がロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、ベラルーシの野党指導者チハノフスカヤ氏との対話を促したと明らかにした。

マクロン氏は9月29日に訪問先のリトアニアでチハノフスカヤ氏と会談した。

仏大統領府によると、マクロン氏はチハノフスカヤ氏がロシアとの協議に柔軟と述べ、プーチン氏に対話を検討するよう求めた。

また両首脳はベラルーシ問題について、欧州安保協力機構(OSCE)による調停が最善の方法との認識で一致したという。

ロシア大統領府によると、プーチン氏はベラルーシ危機への外部からの干渉に反対する考えを示した。

「主権国の内政への干渉と正当な政府への外部からの圧力は容認できないという立場をプーチン氏は改めて表明した」としている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up